森進一 勝手に歌詞加えて作詞家激怒

 歌手の森進一(59)が代表曲「おふくろさん」を歌えなくなる騒動がぼっ発した。作詞家の川内康範氏(86)に無断でセリフ付きの歌詞に変えたことが問題化。森が話し合いを“ドタキャン”したことで、川内氏は「もうオレの歌は歌わせない」と激怒。20日のNHK「歌謡コンサート」で森が歌うはずだった曲も急きょ変更された。川内氏は法的手段も検討している。

 おふくろさんよ おふくろさん――の歌い出しで知られる、昭和を代表する名曲(71年発売)が封印の危機にある。

 きっかけは昨年大みそかのNHK紅白歌合戦。森が2年連続で歌った「おふくろさん」をビデオで見た川内氏は「ワシの作ったものじゃない」と絶句。歌い出しの前に、短い“語り”とメロディーが付け足されていた。

 「いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした…」

 驚いた川内氏が、森サイドに問い合わせたところ、既に他界している作詞家の保富康午さんと作曲家の猪俣公章さんに作ってもらったと説明。しかし、川内氏には一言も説明がなかったため、事情説明の場を17日に設けた。それが当日になって「血圧が180以上あり行けなくなった」と一方的にキャンセルされ、一気に溝が深まった。

 川内氏は、スポニチ本紙の取材に「新たなアレンジは感動的でいい」と評価したものの「なぜ事前に知らせてくれなかったのか。いまだに会って説明しないのはおかしい」と道義的な部分で立腹していることを強調。ドタキャンされた際に電話で「もうオレの歌は歌わせない」と怒りを伝えると、森本人が「結構です」と言ったことを明かし「この歌は僕の生き方すべてを反映している大切な歌。人の恩を忘れた者にはふさわしくない」と思いを語った。

 森サイドは「30年ほど前にコンサート用に付け足したもの。先生の著作権を侵害したつもりはない」と説明。ただ、一部CDの歌詞に、セリフの部分がそっくり入っているなど、川内氏側に真意が伝わっていないのは事実。20日のNHK歌謡コンサートで同氏作詞の「花と蝶」を歌うはずだったが、急きょ変更される事態に。川内氏は「法的手段も」と話しており、一刻も早い謝罪を求めている。

 ◆川内 康範(かわうち・こうはん)1920年(大9)2月26日、北海道生まれ。41年、戯曲「蟹と詩人」、小説「おゆき」で作家デビュー。58年「月光仮面」がテレビなどで大ヒット。75年にテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」を監修。作詞家としても「君こそ我が命」「伊勢佐木町ブルース」「骨まで愛して」などヒット曲多数。


恩人を怒らせちゃダメだよねぇ。。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000018-spn-ent
posted by りゅう☆ at 05:57 | 男性歌手

ミズモトアキラ、初のフル・アルバムを“PAM”名義で発表!

DJ、ミュージシャン、エディターと様々な顔を持つアーティスト、ミズモトアキラが初めてとなるフル・アルバム『JOURNALIZED』(DDCA-5044 税込2,520円)をリリースします!
 DJユニット“TMVG”での活躍後、2002年に初のソロ作品集となるミニ・アルバム『A.M.』を発表。新作はそれ以来となる約4年ぶりで、フル・アルバムの発表は今回が初めて。新たなアーティスト・ネーム“PAM”名義での発表となり、ANGEL'S EGGレーベルより11月29日に発売予定。
 前作『A.M.』ではキリンジの堀込泰行や元シンバルズの矢野博康ら豪華ゲストを迎えていましたが、今回は、G.RINA、デートコース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデンの高井康生など少数のゲストのみを迎え、プログラミング、ミックスなどすべての作業を一人で行なっています。
 なお11月には、シングル「AFTER THE RAIN (Single Version)」も発売予定。シングルにはアルバム未収録曲「BREAKSHOT」も収録される予定です。





ひらめき気になる芸能ニュース

芸能人ランキング矢口真里、ホスト風イケメンと深夜の三軒茶屋デート! 5位 ズバリ!裏芸能様

芸能人ランキング『NEWS23』山本モナと『イケメン代議士』細野豪志の“不倫キス写真” 13位 エンタメ@DEEP様

芸能人ランキング藤本美貴☆パン○ラお宝画像!!これは・・・   23位 芸能アイドルおったまげ画像!!様

参考:CDジャーナル
posted by りゅう☆ at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手

スヌープ・ドッグ、8作目の新作をリリース

ヒップホップ・シーンで大きな影響力を誇るラッパー、スヌープ・ドッグが8作目となる新作を発表します。タイトルは『ブルー・カーペット・トリートメント』。発売は、US盤が11月21日、国内盤(UICF-1081 税込2,200円)は11月22日の予定です。
 彼の新作は、2004年の『R&G(リズム&ギャングスタ):ザ・マスターピース』以来、約2年ぶり。今作もネプチューンズがプロデュース、ゲストとしてザ・ゲームやアイス・キューブ、ブランディ、R.ケリーらに加え、スティーヴィー・ワンダーも参加しているとのことです。さらに、ドクター・ドレーが数曲でプロデュースを担当した模様。1stシングルはサイプレス・ヒルのB.リアルをフィーチャリングした「Vato」なる曲になります。
 なお、11月15日には新作に先駆けて、スヌープが手掛けるミックス・テープ/CDシリーズのベスト盤『ベスト・オブ・ウェルカム・トゥ・ザ・チャーチ』(POCE-2210 税込2,100円)が日本独自企画として登場。さらに、ナレーターを務めている映画『ザ・LA ライオット・ショー』も10月末に日本公開となります。この秋はいろいろと活躍してくれそうです。





参考:CDジャーナル
posted by りゅう☆ at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。