荒川静香

荒川 静香(あらかわ しずか、1981年12月29日)
日本の女子フィギュアスケート選手。
2006年トリノオリンピック金メダリスト。

プリンスホテル所属。数々の競技会で優勝・入賞経験がある、日本を代表するフィギュアスケーターの一人。世界選手権にて優勝し、日本人として3人目の世界女王となる。2006年のトリノオリンピックにてアジア選手として初めて優勝し、地元イタリアのマスコミにより東洋の女神と称される成績を残した。

ロシア人コーチのタチアナ・タラソワに師事していたが、演技の方向性がかみ合わなかった事と、タラソワが活動拠点を母国ロシアに移動・特化したため、荒川-タラソワの師弟関係は2005年12月に解消。日本国内ではこれまで通り佐藤久美子(フィギュアスケートコーチ佐藤信夫の妻)に、海外では振り付けを担当していたニコライ・モロゾフにそれぞれアドバイスを受ける。

滑らかなスケーティングと、大きく背中を反らせた「レイバック・イナバウアー」が得意。イナバウアーをする選手は存在するが、大きく体を反らせた「レイバック・イナバウアー」は、荒川の特長と言ってもよい。 演技の優雅さ、滑らかさ、女性らしさは世界でも随一。しかし、早い曲や小気味のいい曲は苦手だという。

2006年5月7日、プロへの転向を表明した。





もっと詳しく
posted by りゅう☆ at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

猪木が亀田−ランダエタ再戦実現ダ〜

WBA本部に“殴り込み”ダ〜ッ!? 燃える闘魂・アントニオ猪木(63)が14日、静岡・熱海市内での講演終了後、物議を醸す2日のプロボクシングWBAライトフライ級王座決定戦の亀田興毅−ファン・ランダエタの再戦を実現させる仰天プランをブチ上げた。

 9月に、WBA本部のあるベネズエラ・カラカスを訪問する。現地では自身が手がけるエネルギー事業の仕事でチャベス大統領の側近と会う予定。この際、大統領を通じてWBA本部に働きかける計画を示唆した。





 亀田擁護派でもある猪木だが、微妙判定で亀田が王座を獲得したことがバッシングの原因になったことを指摘し「要は、もう一回再戦させればいいんだ」と闘魂裁定を下した。

 WBAも社会問題化した亀田−ランダエタ戦には注目しており、猪木が闘魂ネットワークを使って横やりを入れないまでも、再戦指令を下す可能性もある。「どうせならラウンドを取っ払って無制限で、どっちかがぶっ倒れるまでやればいい。ボクシング界で、できないならおれが仲介してもいいぞ」と猪木。闘魂プランは実現するか。
posted by りゅう☆ at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

アントニオ猪木

アントニオ猪木(アントニオいのき、英語表記:Antonio-Inoki、1943年2月20日)
神奈川県横浜市出身の元プロレスラー、元参議院議員。本名は猪木 寛至(いのき かんじ)。血液型はAB型。身長は191cm。体重は100-118kg。

新日本プロレス創始者で元オーナー。愛称は「アントン」。新日在籍のレスラーからは「会長」と呼ばれ、力道山からは「アゴ」と呼ばれていた。今日の日本のプロレス史を語る上で、力道山、ジャイアント馬場と並んで欠かせない人物であり、現在の日本のレスラー・格闘家の中で、猪木との直接的・間接的な接点のない人間はほとんどいないほど、日本のプロレス界・格闘技界を代表する人物でもある。




もっと詳しく
posted by りゅう☆ at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。