タッキー壮絶“自分史”舞台に…初めて明かすビンボー秘話

人気アイドル・滝沢秀明(24)が自身の半生を演じる公演「One! the history of Tackey」(9月5〜28日、東京・日生劇場)の製作発表が14日、都内で行われた。

 2部構成の1部では、生まれた時から24歳までの、現実にあったエピソードを物語化。死を前にした“おじいちゃん滝沢”が回想する形で描く。

 滝沢は幼少のころ、両親が離婚。母親の元で育った。舞台化にあたり、母親に子供時代の自分を“取材”し、リポートにして提出。出産時、分べん室に間に合わず、病院内のベンチで誕生したこと。また、母親が生活を切りつめるため、ギョーザの具を肉ではなくシーチキンにしたエピソードを包み隠さず書き留めた。これらの初めて明かされる実話が、舞台上で演じられる。

 滝沢は「親が亡くなったり離婚した子供の寂しい思いは、経験したぼくだからこそ語れる」とすべてをさらけ出す覚悟。13歳でジャニーズ事務所入りし、20歳でCDデビュー。トップアイドルに成長する過程で「華やかな世界の裏側も経験した」と滝沢。しかし、企画・構成・総合演出のジャニー喜多川社長は「悲劇にはしたくない。死ぬ時、幸せで充実していた人生だったと振り返る物語」と説明した。

 24年間の写真やVTRも盛り込まれる予定。滝沢は「家族で見てもらいたい。親も子も共感できる、とてもメッセージ性の強い作品になる」と力を込めた。2部では、ラスベガスで習得したマジックや、歌やダンスなどが披露される。



posted by りゅう☆ at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 女性アイドル

坂上香織、男の肉体求め鎖で監禁…9・23公開「紅蜘蛛女」

女優の坂上香織(32)が香港映画デビューすることが14日、分かった。ン・マンチン監督の「紅蜘蛛女」(9月23日公開)に主演する。物語は坂上演じる由美が男を監禁し、飼育するという衝撃的な内容。肌もあらわな大胆演技を披露した坂上は「言葉や撮影スタイルの違いが不安でしたが、何も問題なく楽しい日々でした」。世間では大阪で女性連続監禁事件が明らかになったばかりとあって、物議をかもしそうだ。



 男を鎖で縛って、肉体関係を強要する。逃げようとする男の足の親指を切断し、監禁。来る日も来る日も肉体を求める。2人はいつしか救済と破滅に向かって、今まで以上にお互いをむさぼり合うようになる−。

 坂上が日本ではR−15(中学生以下入場禁止)に指定された衝撃の香港映画デビューを飾る。「紅蜘蛛女」は「インファナル・アフェア」シリーズや「頭文字D THE MOVIE」などのカメラマンを務めたン・マンチン監督の初メガホン作品。

 夫と愛をはぐくんだ思い出の香港で、偶然出会った中国人カメラマン(トニー・ホー)と関係を結んだ由美(坂上)の異常性愛と、その果てにある欲望の臨界を描く。

 撮影は全編、香港で行われた。単身、ロケに参加した坂上は「初めは言葉の不安や撮影スタイルが日本と違うんじゃないかと不安でした」と振り返った。初の海外進出とあって、慣れないことだらけ。しかし、演じるということは万国共通だった。

 「撮影が進むにつれ、監督が何を伝えたいか分かるようになり、何も問題なく楽しい日々でした」。撮影では全裸で大胆演技を披露。激しいベッドシーンもこなした。「彼女の心の悲しみや闇がうまく伝えられるにはどうしたらいいか考えました」。究極の悪女を体当たりで演じきった。

 映画のキャッチコピーには「獲物は捕食せず飼育する」と意味深な言葉が並ぶ。監禁、飼育、異常性愛…。今月、大阪では男性容疑者による2つの監禁事件が続々と報じられ、社会に大きな衝撃を与えた。時期が時期だけに、この映画も物議をかもしそうだ。作品は世界配給を目指している。

 ◆坂上 香織(さかがみ・かおり)1974年7月29日、長崎県生まれ。32歳。87年、TBS系「ガキ大将がやってきた」でデビュー。同年、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」に駒姫役で出演し人気獲得。88年「レースのカーディガン」で歌手デビュー。93年、ヌードを発表したのを転機に、女優業に専念。立て続けに文芸エロス作品に主演し、06年、団鬼六原作の「紅薔薇夫人」では緊縛シーンを披露。TBS系「ウルトラマン・コスモス」には副隊長役で出演。
posted by りゅう☆ at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性アイドル

石川梨華ボンデージ姿であややと激突

3人組ユニット「美勇伝」の石川梨華(21)が、映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」(監督深作健太)でボンデージ姿を披露している。

 石川は松浦亜弥(20)が演じる主人公・麻宮サキのクラスメートで宿敵の秋山レイカ役。クライマックスシーンでは、黒いエナメルのショートパンツに網タイツというセクシーなボンデージ姿で登場し、刃の付いたヨーヨーを武器にサキと激戦を繰り広げる。「てめえの全存在がうぜえんだよ!」などと悪態をつく悪女ぶりも見ものだ。石川は「初の悪役で最初は不安でしたが、撮影していくにつれてどんどんはまっていった。ボンデージを着たことで役に気持ちが入りました」とすっかりはまった様子。9月30日公開。




posted by りゅう☆ at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性アイドル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。