飯島愛がAV界に残した功績

 飯島愛(34)の記事に「へぇ〜っ」と思った。2年前に彼女の個人事務所の経理担当者が事務所のカネを使い込んでトンズラ。被害額は数千万円ともいわれる。

 飯島で思い出すのは彼女のAV界での功績だ。彼女は92年に「激射の女神」でAVデビュー。“Tバックの女王”と呼ばれ、AVでアヘアヘ言いながらテレビの深夜番組でも活躍した。この当時、街で女の子を物色するAVのスカウトマンは「飯島愛のおかげで仕事がやりやすい」と笑っていた。

 それまでは「AVに出ない?」と声をかけても、ほとんどの女が「ノー」と断った。が、「AV出演は飯島愛みたいにタレントになるチャンスだよ」と言うと、足を止めて話を聞いてくれるようになったという。

 あるAV専門誌の編集者はこう言っていた。

「飯島がテレビに出まくったおかげで、92年ごろからAV界に多くの若い女が流れ込んだんです。80年代にもイブや小林ひとみ、葉山レイコといった美人AV女優がいたけど、数が足りなかった。だけど90年代はタレント志望の女たちが“私も愛ちゃんみたいにAVに出たら有名タレントになれる”と思い込み、顔や胸を整形してAV出演を決意するようになった。そのころからAV界にキレイな子が増え、現在のように右も左も美人女優という、ありがたい状況が生まれました」

 つまり飯島の登場はAVの歴史において画期的な出来事だったわけだ。

 AV女優の大量発生は“アルバイト女優”をも生み出した。普通のOLが会社に在籍しながら、こっそりAVに出るようになったのだ。

 たとえば93〜94年に十数本のAVに出演したA子。常盤貴子似の美人だったため「常盤にAV歴」というウワサが流れたほどだ。実は私もこのウワサに胸を高鳴らせたひとり。だが、知り合いのAV監督に「A子は常盤とは別人」と聞かされてガッカリした。そのかわり監督はこう話してくれた。

「実はA子は都内の区役所に勤める、れっきとした公務員だよ。小遣い稼ぎのために土日にAVの撮影に参加してるんだ。ふだんはスッピン、撮影時はハデなメークと、ギャップが大きいので周囲は誰も気づかなかった」

 A子は1年余りでAV界を引退し、区役所も退職したが、いまだに元同僚たちは彼女の正体に気づいていないという。ミステリアスだ。

ひらめき気になる芸能ニュース

芸能人ランキング離婚問題で渦中の竹内結子に歌舞伎界が激怒!  4位 闇芸能様

芸能人ランキング倖田來未、彼氏と熱烈キス! 8位 芸能・エンタメ噂の裏ニュース様

芸能人ランキング【動画】新垣結衣 オーディション3回落ちる  14位 芸能 知っトコ!!様

参考:ゲンダイネット
posted by りゅう☆ at 15:26 | 女性タレント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。