大毅プロ6戦目、最年少世界ランカー狙う

亀田3兄弟の二男亀田大毅(17=協栄)が、WBA首脳の御前試合で、17歳での最年少世界ランク入りを決める。27日に東京・後楽園ホールでWBC世界スーパーフライ級21位バレリオ・サンチェス(36=メキシコ)と対戦する。プロ6戦目はWBA東京総会のイベントとして役員クラスが視察を予定。26日、都内で前日計量に臨んだ大毅は3回以内のKOを予告し、強さを世界にアピールする意欲を見せた。計量は2人とも契約体重52・5キロでクリアした。
 大毅の両目はギラついていた。計量後、世界ランカーと握手。右手を強く握ってメンチ切り。慌てて握り返すサンチェスに対し、不敵な笑みを浮かべた。「明日(27日)の試合は向こうに担架が必要。オレのパンチはやばい。人間誰でも覚醒(かくせい)する時があるやろうけど、オレは史上最強の覚醒やな」。最後は4戦目のベヌー戦の前日計量と同様、笑顔で別れる「友好的メンチ」。自信の表れだった。
 サンチェス戦はWBA東京総会の一イベントとして行われる。日本ボクシングコミッション安河内事務局長は「(メンドーサ)会長や役員が観戦します」と明かす。相手はWBC21位に位置する現米大陸王者。日本ランキング入りもしていない大毅だが、WBA首脳の御前試合で世界ランカーを倒せば、一気に世界ランク入りが見えてくる。「オレは世界を超えて宇宙レベルやから。強さを気付いてくれるかな」と余裕を見せた。
 協栄ジム金平桂一郎会長が大毅の存在を世界にアピールする機会としてマッチメークした。昨秋、韓国で行われたWBA総会に兄興毅を帯同させ、メンドーサ会長らに紹介。これを契機にメンドーサJr.副会長が昨年11月アランブレット戦(7回終了TKO勝ち)を視察。亀田の世界ランクも8位から4位にアップした経緯がある。同会長は「明日の試合内容で年内の世界ランクも見えてくる」と強調した。
 17歳8カ月の大毅が世界ランク入りすれば興毅だけでなく、18歳9カ月で最年少王者となった世界2階級制覇の井岡弘樹氏(井岡ジム会長)を抜く、年少記録になる。大毅は「どんなに最悪でも3回以上はない。普通なら1回で終わる」と3回以内でのKO勝ちを予告。世界に存在を知らしめる快勝劇のイメージを膨らませた。

参考:日刊スポーツ

芸能人ランキングラブホ不倫発覚!杉田かおる「発情しちゃったんでしょうかね」
芸能人ランキング伊東美咲が2股交際のウワサ

芸能人ランキングEXILE新メンバー隠された舞台降板の過去!【証拠動画有り】


posted by りゅう☆ at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

亀田大毅のファンが乱闘騒ぎ、試合後の判定巡るヤジで
Excerpt: 世界ボクシング協会(WBA)東京総会の一環として、27日に後楽園ホールで行われたスーパーフライ級8回戦で、試合後にファン数人がもみ合う乱闘騒ぎがあった。 試合は“亀田3兄弟”の2男、亀田大毅(17)(..
Weblog: 芸能ニュースの館
Tracked: 2006-09-27 19:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。